検査について

患者様の負担が少なく、安全性の高い最新の検査機器を
当院では使用しております。

視力検査

(LCD視力検査装置)
離れた位置からどのくらい視標が判別できるか視力を判定する検査です。当院では3台の視力検査器を揃えて、スピーディーに対応しています。

眼鏡レンズ度数測定

(オートレンズメーター)
眼鏡レンズの度数や乱視軸を素早く正確に測定することができます。また使用している眼鏡の度数が合っているかどうかもお調べすることができます。

屈折・角膜曲率半径測定

(オートレフケラトトノメーター)
近視、遠視、乱視の屈折度数や角膜のカーブの程度の測定と、角膜に空気をあてることで、眼圧を測定します。

視野検査

(オクトパス視野計)
オクトパスという機械を使用し、一点を見ているときの周りの見える範囲を検査します。緑内障などの慢性的な疾患の場合は定期的に視野の検査が必要となります。

光干渉断層計検査

(OCT(三次元光干渉断層計))
眼底に近赤外線を当て、その反射波を解析することによって、網膜の断層を映像化し、三次元で解析するものです。この検査によって黄斑部の疾患等の診断を行います。

前眼部検査

(スリットランプマイクロスコープ)
角膜から眼底まで光を当てて精密に検査を行います。角結膜炎、虹彩炎、白内障、緑内障などさまざまな疾患を診ます。光を眼に当て、眼球各部位の状況を観察し、眼圧計で眼圧の測定等を行います。

PAGE TOP