眼鏡・コンタクトレンズの処方箋について

眼鏡

単焦点眼鏡、多焦点眼鏡(遠方・中近・近近)の処方を行っております。
手元を見えやすく、遠くを見えやすくなど患者様のご要望にお応えしますので、お気軽にご相談ください。

コンタクトレンズ

ソフトコンタクトレンズ、ハードコンタクトレンズの処方を行っております。
コンタクトレンズ装用に伴う合併症として多いのは角膜の表面の障害です。
角膜の表面に傷が付き、その傷から細菌感染などが起こり角膜の一部が濁ることがあります。
コンタクトレンズを装用されている方は、定期的な検査をおすすめします。

カラーコンタクト・コンタクトの処方箋をお渡しするまでの流れ

受付
初めての方は保険証を受付へお持ちください。
診療申込書と問診票をお書きください。
問診
視能訓練士よりコンタクトについて問診があります。(現在どんなコンタクトレンズを使用しているか・度数や装用時間など)
検査
視力検査をはじめ、屈折検査、角膜曲率半径測定、精密眼圧測定などの検査を行います。
(おおまかな近視や遠視、乱視の度数、角膜のカーブの程度、眼球の内圧を調べます。)
診察
細隙灯顕微鏡(スリットランプマイクロスコープ)という眼の状態を調べる検査機器で医師が診察します。
精密眼底検査で、眼の中の血管や網膜の状態などを診ます。
何か不安なことや疑問に思ったことがありましたら、お気軽にお尋ねください。
装用指導
・処方
カラコンやコンタクトの種類を選び、装用練習をします。
コンタクトの付け方や外し方なども説明致します。
お会計
処方箋を発行し、お会計となります。会計窓口より処方箋をお渡しいたします。
PAGE TOP