眼の病気について

眼の健康は身体全体の健康とつながっています。
ここでは、主な眼の症状や病気について解説します。
症状や病気の程度は、個人それぞれに異なりますので、自己判断せずに早めの受診をおすすめします。

近視

近いところにはピントが合うけれど、ある一定の距離より遠くなるとピントが合わなくなる状態です。

仮性近視

本やテレビなどを長時間近くで見続けることにより、ピントを調節する筋肉が緊張してしまい、一時的に遠くがぼやけてしまう状態です。

遠視

本来は、遠くも近くもぼんやりして見えにくい状態です。遠視はどこにもピントが合っていないので、常に目の調節力を働かせないといけません。その為、絶えず調節しているので、目に負担が大きくかかってしまいます。疲れ目になりやすいのも特徴です。

老視

ピント調節がうまくできずに、ぼやけてしまう状態です。ピント調整は遠くを見るよりも近くを見るときの方が筋肉に大きな負担をかけてしまいます。40歳代からこの筋肉が少しずつ衰えてきて、うまくピント調節ができなくなり、近くが見えにくいと感じるようになります。

乱視

角膜の歪みなどが原因で、ピントがどこにも合わないことです。近視でも遠視でも起こります。

麦粒腫

別名「ものもらい」とも呼ばれます。主に細菌感染が原因で起こり、赤く腫れたり、痛みがあります。治療は抗生物質の目薬や内服で行います。必要であれば、切開して膿を出すこともあります。

霰粒腫

まぶたに脂肪のようなものが腫瘤となって溜まってしまい、しこりができたものです。さらに細菌感染を伴うものは、赤くなり痛みが出ます。治療は抗生物質の点眼や内服もしくは切開にて膿を出します。

アレルギー性結膜炎

目の表面に花粉などのアレルゲン(アレルギー反応を引き起こす物質)が付着して、結膜に炎症を引き起こす病気です。※結膜とは、まぶたの裏側と白目の部分を覆っている透明な粘膜のことです。

白内障

水晶体が年齢とともに白く濁って視力が低下する病気です。主な症状には、かすむ・まぶしい・視力が落ちたなどがあります。原因は加齢によるものがほとんどですが、アトピー性皮膚炎や外傷などでも起こります。

緑内障

視神経(目の奥にある神経)が障害され、視野が狭くなる病気のことです。治療が遅れると、失明に至ることもあります。中高年の方に起こる代表的な病気のひとつです。自覚症状がなくても、定期的に眼科検診を受けることをおすすめします。

糖尿病網膜症

糖尿病が原因で目の中の網膜という組織が障害を受け、視力が低下する病気です。糖尿病網膜症は糖尿病腎症、糖尿病神経症と並んで、糖尿病の三大合併症と言われており、日本の中途失明原因の代表的な病気です。

網膜剥離

眼球の内側にある網膜という膜が剥がれて、視力が低下する病気です。網膜の剥がれは痛みを伴わないので、気が付きにくいのですが、前兆として飛蚊症が現れることがあります。また、網膜の中心部である黄斑部分まで剥がれた場合は、急激に視力が低下し、失明に至る恐れもあります。

ドライアイ

目を守るのに欠かせない涙の量が不足したり、涙の質のバランスが崩れることで、涙が均等にいきわたらなくなる病気であり、目の表面に傷を伴うことがあります。高齢化・エアコンの使用・パソコンやスマートフォンの使用・コンタクトレンズなどが原因で起こります。

VDT症候群

パソコンなどのディスプレイ(VDT:ビジュアル・ディスプレイ・ターミナル)を使った長時間の作業により、目や身体や心に影響の出る病気です。主な症状は、目が疲れる・目の痛み・目が乾く・ものがぼやけて見えるなどがあり、肩こり・足腰の痛み・だるいなどの全身的な症状に進展します。

色覚異常

正常とされる他の大勢の人とは、色が異なって見えてしまう・感じてしまう状態の事をいいます。
その為、色の識別が付きにくい場合があり、日常生活に支障をきたしてしまう可能性があります。

PAGE TOP