カラコンについて

カラーコンタクトの
メリット・デメリット

メリット
様々なバリエーション(色・デザイン)
気軽に楽しめる。
ファッションやメイクに
合わせて
自由に楽しめる
付けるカラーコンタクトに
よって、
簡単に自分の印象を
変えることが出来る。
× デメリット
誤った使用方法や
ケアを怠ってしまうと、
眼のトラブルを引き起こす
危険がある。
  • 結膜炎
  • 角膜炎
  • 点状表層角膜症
  • 角膜びらん
  • 角膜上皮剥離
  • 角膜浮腫
  • 角膜浸潤
  • 角膜潰瘍等
後遺症に至る場合もある。

さまざまな目のトラブル

目のトラブルの主な原因

  • 手入れ不足
  • 長時間装用
  • 使用方法を理解していない
  • つけたまま就寝
  • 無理な装用

これらによって起こりえること

  • 充血
  • 網膜剥離
  • 感染症
  • 視力低下
  • カラコンが外れなくなる
  • カラコンが目の裏側に入ってしまう

失明の可能性あり

さらに

カラコンをつけたまま
お風呂に入ることも危険です!!

なぜ危険なのか?

水道水にはたくさんの細菌が含まれており、レンズが水道水を吸収してしまうと細菌も目の中に入り、角膜炎を引き起こしてしまう可能性があるからです。

カラーコンタクトを使用する上での注意事項

  1. 洗浄液等はソフトコンタクトレンズ用を使いましょう。

    レンズについた汚れをそのままにしておくとカビや細菌が繁殖し、眼の病気になってしまいます。
    ハードコンタクトレンズ用を使用してしまうと角膜に影響を及ぼしてしまいます。

  2. カラコンは装着していない時は、必ず専用の保存液につけて置きましょう。

    乾燥すると形状が変わってしまったり、傷ついてしまう事があります。

  3. コンタクトレンズは寝る前に必ずはずしましょう。

    コンタクトレンズは涙を通して酸素を取り込みますが、眠っている間はほとんど涙が分泌されないので、
    装用したまま寝ないようにして下さい。

  4. 1日の装着時間は、極力短時間に抑えましょう。

    長時間装着していると、目が酸欠状態になります。最大でも12時間にしましょう。

  5. 装着して、目に違和感があったり、目が疲れてきたと感じたら、はずしましょう。

    乾燥していたり、目に傷がついているかもしれません。

  6. コンタクトレンズ用の目薬を使うようにし、
    充分に酸素を送り込むために瞬きをするように心がけましょう。

  7. 保存する際、専用のケースに入れますが、
    そのケースは1カ月ごとに交換をして清潔に保ちましょう。

  8. 洗浄液は決められた期限内で使い切ってください。残っていても破棄して下さい。

PAGE TOP